×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FF11のギル販売(リアルマネートレード)

ギルを格安で販売(リアルマネートレード・RMT)しているサイトをご紹介しています。

RMTとは

RMTとはオンラインゲーム上のデータや、ゲーム通貨と現金を交換する行為。また、広義でゲーム内のキャラクターを所有者に変わって有償で育成する行為もRMTと呼ぶこともある。

RMT業者の台頭

2004年春から法人営業を行うRMTサービス会社の登場により、RMTがより一般的なものとして認知される。

それに追随する形でMMORPGを運営するゲームメーカーからRMTの禁止とRMT利用者に対する、厳しい処罰を強調する声明が出される。

1999年7月23日 日本国内向けとして初めてRMTの専門サイトが登場。このサイトの名称が「RMT」だったことにより、従来米国などではRMと呼称されていた行為が、日本ではRMTと呼ばれるようになり、その後定着する。

  • 購入方法については安心の左記のサイトかFF11のギルの購入をご覧ください。

  • RMTの歴史

    1990年代後期、ウルティマオンラインやディアブロなど、MORPG,MMORPGのサービスが本格的に運営されるようになる。ゲーム内の疑似経済システムが成立していくにつれ、次第にRMTも行われるようになった。

    1999年7月23日 日本国内向けとして初めてRMTを専門とするサイトが登場。このサイトの名称が「RMT」だったことにより、従来米国などではRMと呼称されていた行為が、日本ではRMTと呼ばれるようになり、その後定着する。

    2004年4月 法人運営RMTポータルアイテムバンク公式HP設立。

    同月、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとアイテムバンクが、大株主などのその資本的な流れからテクノブラット社を介した関係があるのではないかと言う疑惑を持たれ、ラグナロクオンラインのプレイヤーの間で大きな騒動に発展する。この1件によりRMTという行為が広く知られることとなった。

    2004年12月 MMORPGを運営するスクウェア・エニックスとコーエーから相次いでRMTの禁止とRMT利用者に対する厳しい処罰を強調する声名が出される。

    現在ではリネージュやラグナロク、テイルズウィーバー、ウルティマオンライン、レッドストーン、MU-奇蹟の大地、パーフェクトワールド、エミルクロニクル、ローズオンラインなど、さまざまなオンラインゲームでRMTが活発に行われている。

    RMTの歴史・その2

    2006年 この年始めから大手RMT業者のジーエムエクスチェンジ社社長宇田川慎之介氏を中心とするRMT業者のメディアへの露出が増加し、ゲーム専門以外のPCマスコミや経済マスコミなどでもRMTに関する話題が取り扱われる機会が増えている。また、宇田川氏を中心とした大手RMT業者は業者団体として「RMT倫理協会」を結成した。

    ただし、この団体については実態がいささか判らないところもあると言われており、RMTの倫理形成を謳ってはいるが、実際にはギャンブル性を少なからずはらんでいるRMTによる換金行為を、パチンコの景品換金システムのように政府やゲーム業界に事実上公認させる為の利権擁立団体ではないか、という見方をしている者も少なくない。

    同年春 4gamerの企画としてRMT業者代表として宇田川氏、管理会社代表として元KESPI代表・現ハイファイブ社長の塩肉こと澤紫臣氏の対談が掲載され、RMT業者側の苦しい言い訳が話題となる。

    RMTその後

    同年春〜夏 ラグナロクオンラインでRMTプレイヤーの放ったと思われる大量のBOTプログラムの横行が著しさを増し、ゲーム内での一般プレイヤーの行動に著しい支障が生じる。

    RMT新聞報道

    2006年7月17〜18日 RMT行為をはじめとするトラブル・不正行為や、BOTプログラムの大量接続などによる接続障害などの問題が急増していることを受けて、経済産業省が大手オンラインゲーム会社への聞き取りなど、本格的な実態調査に乗り出したことが新聞などで報道される。

    注意事項と免責事項

    ・本サイト内の情報は、全てを保証するものではありません。

    ・本サイトの情報から業者を選ばれる際は、必ずご本人様で再度確認の上でご利用ください。

    ・本サイトの内容によって生じたトラブル等について、一切の責任は負いません。

    RMT

    スポンサードリンク

    Copyright © 「FF11のギル販売(リアルマネートレード」 All rights reserved.

    お問い合わせ